自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかにな

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、結婚生活を続けていいのかどうか迷って決められないですよね。
そうならないように、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。
夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚してしまうのも一つの案です。
配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をおさえる事もできるでしょう。
いつもなら立ち寄らないような毎回、コンビニのレシートを目にすることが多くなったら、その近辺に普段から何回も行っている事になります。
その場所でずっと見ていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。頻繁に掛かってきたり繰り返し、また定期的にその電話番号に掛けていたりしたらその相手が浮気相手であるという可能性は非常に高いと言えます。それがわかったら電話番号の主を調べればいいのですね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話が終わったら電話履歴を消していることも多々あり得ることです。