時間単位での尾行料金が設定さ

時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なく済みます。
したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日常からパートナーの行動を調べ上げることが重要です。
その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵側も余計な手間がかからず、双方にとって利益があります。離婚を覚悟の上で、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは喧嘩になりやすいので、止めておきましょう。
信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
信じて頼れるような人がいないなら、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
法律的に、結婚している男女が配偶者ではない人と男女の関係にいたることを不倫といいます。
つまり、法律的にいうと、性的に親密な関係ではなかったなら、食事や遊びに行ったとしても、浮気とはいえないということになります。
性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。